AREA ITEM アイテム

リミテッド エディション エリアモードは、地元企業の皆さまとの取り組みを通して、地域に愛されるお店づくりを目指します。
地域の魅力がアクセントとなり変化を生む、地域愛あふれるアイテムたち。
その店舗でしか手に入らない新たな出会いを全国13のエリアから。

大胆で華やか、桜モチーフを一面に描いて。

西武池袋本店

マチダデザインオフィス
町田靖之さん

ストールを中心に素材表現の面白さを追求し、身にまとう喜びを伝えているマチダデザインオフィス。デザインはすべてオリジナルで、一点一点デザイナーが手作りしている。

今回、町田さんに制作を依頼したのは、桜の発祥地、豊島区にちなみ桜をモチーフにしたストール。様々な色の桜のモチーフを一枚のストールに集約、手描きならではのあたたかみと、清々しい軽さを表現。もう一枚はデザイナー自ら撮影した写真をモチーフに使い、湖面に映る桜とその花びらを表現。巻き方によって色の出かたが異なり、さまざまな表情を楽しめます。

マチダデザインオフィス/ストール
左:ポリエステル100%、55×200cm、12,960円
右:ポリエステル100%、80×200cm、16,200円
■取扱店舗:西武池袋本店4階(中央B5)=リミテッド エディション エリアモード

春の訪れを感じるミクロモザイクのやさしい輝き。

西武船橋店

SOWACA
小岩佐千子さん

千葉県内に工房を構えるアクセサリー作家。ガラスや石を砕いて作るモザイク技法で、繊細ながら力強さを感じるデザインが独創的。ぬくもりを大切にしながら、作家本人の手により一点一点手作りされた軽やかで現代的なミクロモザイクのアクセサリーに注目です。

「自然美に触れた時の感動や日々感じたことを装身具でカタチに。『春のブローチ』は春の花を思わせる柔らかい色の石を集めて制作。春の訪れを感じた時の心弾むうきうきとした軽やかさを感じていただけたらと思います。ブローチだけでなく、ペンダントトップとしても使えるよう金具を付けました。」

ミクロザ
ブローチ兼ペンダントトップ(Brass<GP>・大理石・金箔ガラス・珊瑚・アメジスト・クリソプレースなど、直径約30mm)16,200円
ネックレス(淡水パール・K10YG・シルクコード、38+5cmのアジャスター付き)12,960円
■取扱店舗:西武船橋店1階=リミテッド エディション エリアモード

ブルーベリーの自然な風合いに染め上げて。

西武所沢店

所沢でブルーベリーを栽培
植川純夫・みどり さん

所沢市と入間市の境にある小さなブルーベリー畑。農薬を使わず少量の有機肥料のみで栽培していますが、毎年たくさんの実をつけてくれます。たくましく育ったベリーは酸味が強めで野性味にあふれています。

一粒ずつ手摘みで収穫したブルーベリーを使って上品に染め上げたチュニックブラウス。自然の恵みをそのまま感じられる素朴な色合いのウエアは、使うほどに風合いが増します。西武所沢店ではそのほかにも地元の狭山茶を使用して染めたストールなど自然の素材を生かしたアイテムを揃えています。

リミテッド エディション エリアモード/
ブルーベリー染めチュニック(綿100%、ブルーベリー・狭山茶×クチナシ・白)各11,880円、狭山茶染めストール(綿100%、狭山茶×クチナシ・ブルーベリー、56×175cm)7,452円
■取扱店舗:西武所沢店3階=リミテッド エディション エリアモード

昔ながらの手漉き和紙とビーズの新感覚コラボ。

西武高槻店

暮らしの中の和紙のかたち
和紙プランナー 福嶋秀子さん

職人が一枚一枚丁寧に漉いた和紙を素材にしたアクセサリーや、空間演出に合わせた特注屏風を制作しています。手に触れるとやさしくて、見ていると落ち着いた気分になる、そんな和紙をもっと生活の中に取り込んでもらいたいとの想いから、現代の生活空間に溶け込む作品づくりに取り組んでいます。

手漉き和紙のやさしい質感とビーズの輝きが絶妙にマッチした新感覚のブローチ。衿元のアクセントにしたり付属の革ひもでネックレスにしたり使い方もいろいろ。上質なものをゆっくりと丁寧に。そんな想いが詰まった自信作です。

暮らしの中の和紙のかたち/
和紙のアクセサリー(和紙・ビーズ、8×10cm、ブルー・ワイン・キーウィ、革ひも付)各10,800円
■取扱店舗:西武高槻店2階=リミテッド エディション エリアモード

思わずニヤリ、どこかユーモア、どれも憎めない。

西武福井店

WAZABI
森石おまり さん

越前和紙と粘土を使い、さまざまな造形物を作る粘土作家であり、イキモノ造形作家・イラストレーター。県内外のイベントや個展で活躍。現在、福井新聞の月刊誌「fu」にて連載中の「緑の庭の子どもたち」(宮下奈都・文)のイラストを手がけている。

粘土で形をつくり、福井の伝統工芸である越前和紙を貼り、絵を描いて仕上げる。表情もカタチも軽やかで愛嬌のあるイキモノを作り、彼らに似合う絵付け色付けを描いてゆくことにこだわりながら、作品づくりをしています。「なんだか笑える」そんな+αを日常に送り出したいという気持ちをもって創作をしています。

WAZABI/粘土・越前和紙造形人形
左:きょうりゅう・トリケラ 5,400円、右:おさるん 3,780円
■取扱店舗:西武福井店本館3階=リミテッド エディション エリアモード
※手作りのため、多少形や色が異なります。

ひとつひとつ微妙に異なる風合いを楽しんで。

西武秋田店

ガラス作家
こむれ みほ さん

東京都生まれ。2001年から秋田市に拠点を移し、ガラスアクセサリー作家として秋田県内外のクラフトイベント、グループ展などに出品。ガラスアクセサリー制作の傍ら、夫でガラス作家の小牟禮尊人(秋田公立美術大学教授)が展開する「秋田のガラス・プロジェクト/あきたガラスフェスタ」のスタッフとして、秋田にガラス文化を根付かせるための活動中。

春らしく軽やかに、エリアモードのナチュラルなテイストに合わせたガラスアクセサリーです。春らしいピンクのガラスモチーフをちりばめたネックレス。ひとつひとつ微妙に異なる手作りガラスならではの風合いと個性をお楽しみください。

こむれみほ/
ネックレス(左:84cm、右:72cm)各6,480円
■取扱店舗:西武秋田店2階=リミテッド エディション エリアモード

カラフルな刺繍モチーフは海の国際言語。

そごう横浜店

株式会社エクスポート×
ファブラボ・ベータ・馬車道

横浜の持つ魅力を「グッズ」というカタチにして発信するグッズプロデュースカンパニー「エクスポート」と、レーザーカッターや3Dプリンター、業務用ミシンなどでモノづくりの楽しさを体験できる「実験工房」がある「ファブラボ・ベータ・馬車道」がコラボレーション。

刺繍ラペルピンのモチーフは世界共通で使われる船舶通信の信号旗(シグナルフラッグ)。たとえばC旗は「Yes」、K旗は「私はあなたと交信したい」という意味を表します。このカラフルな信号旗をモチーフにファブラボ・ベータ・馬車道の工房でひとつひとつ手作りしました。信号旗についてのミニ情報ブック付きでパッケージは本物の海図の廃版を使ったこだわり封筒です。

信号旗(シグナルフラッグ)、刺繍ラペルピン
(刺繍・真鍮、ヨコ2×タテ1.5cm、全26種類)各864円
■取扱店舗:そごう横浜店4階=リミテッド エディション エリアモード

あったらいいな、と思うひらめきをカタチに。

そごう千葉店

彫金工房017
前田玲奈さん

千葉県を拠点に手作りのシルバーアクセサリーを制作する彫金師。シーンに合わせて、2way、3wayと着け方を変えて楽しむ多機能シルバーアクセサリーや、オーダーメイドも手がけています。今までありそうでなかった『あったらいいな』と思う心に忠実に、ひらめきをカタチにしていく制作を心がけています。

この春、前田さんには千葉のお客さまが好きな「花」をモチーフにした商品制作を依頼。トップのデザインだけでなく、後ろの留め具にも透かしのリーフデザインを使用し、「360度どこからみても女性がきれいに見えるように」というこだわり。ネックレスは小ぶりのバラモチーフで、大人の可愛らしさを演出。留め具の先が透かしの葉になっているデザインがポイント。リングは引っかからないようにあえて花の部分をフラットなデザインにしています。

彫金工房017/
(左から)バラのオメガのネックレス(SV925)12,960円、バラのリング(SV925)9,720円、バラのネックレス(ロジウムメッキ・K18YGメッキ)12,960円
■取扱店舗:そごう千葉店3階=リミテッド エディション エリアモード

産地の職人さんたちと一緒に、想いを込めた服づくり。

そごう神戸店

hatsutoki
デザイナー 小野圭耶さん 村田裕樹さん

播州織の産地、兵庫県西脇市。ここに地元西脇育ちの小野さんと東京育ちの村田さん、ふたりのデザイナーが活躍する産地発ブランド「hatsutoki」はある。「産地の中で生活するからこそ素敵な職人さんたちと至近距離でものづくりができる」と語る。ふたりの服づくりに対する情熱は、素材のコットン栽培にまで広がっている。

極細の強撚糸を染め、透明感のある繊細で“みずみずしい”チェック柄に織り上げます。色糸が重なって生まれる絶妙な色合いと風のように軽やかな風合いが特長。「神戸エレガンス」にちなんで、そごう神戸店限定のピンクを開発。同素材のスカートやデニム、白パンツと合わせてエレガントに着こなすのが神戸流です。

hatsutoki/
ボイルチェックシャツ(綿100%、9号・11号、ブルー・ピンク〈ピンクはそごう神戸店限定色〉)17,280円
■取扱店舗:そごう神戸店本館6階=リミテッド エディション エリアモード

いつも傍らに置いておきたい、帆布らしい生成色トート。

そごう広島店

工房尾道帆布

「なんだか素敵じゃない?何かつくろうよ!」この一言から工房尾道帆布の“今”へとつながっていくことになりました。尾道の伝統産品であった帆布を用いて多様な物作りをし、北前船のシルエットをモデルにしたデザインタグ “工房尾道帆布”のブランドとして販売。
文化・芸術の振興、街づくり推進環境保全など、地域社会全体の利益増進に寄与する事を目的に2003年にNPO法人化。

帆布らしい生成色のトートバッグは使い勝手の良いサイズ感。手さげにもなりショルダーにもなる便利な2wayに仕上げました。

工房尾道帆布/
ファスナー付きトートバッグ(綿100%、タテ27×ヨコ41×マチ15cm、生成・紺)7,020円
■取扱店舗:そごう広島店本館2階=リミテッド エディション エリアモード

シンプルなデザインだからこそ履き心地にこだわる。

そごう大宮店

てしごと★足靴工房
勅使川原美和さん

リフレクソロジストとして約4年間スポーツクラブ内のフットケアコーナーやサロンで勤務。“足のトラブルの原因は靴にある”と思い立ち、靴製作学校で靴作りを学ぶ。2004年4月「てしごと★足靴工房」を立ち上げる。

「足のことを考えた靴作りを目指し、なるべく足に負担のかからないデザインを中心に、木型製作から靴作りを行っています。快適でくつろげる履き心地を第一に考え、手縫いのアウトステッチを施すことでデザイン性も兼ねた一足。インソールには足裏の3つのアーチを支える立体インソールを使用。ソフトな足触りで衝撃を吸収する素材を採用し、安定感もあります。メンテナンスも充実しているので、長い期間ご愛用いただけます。」

てしごと★足靴工房/
bequem(ベクエーム)(本体:牛革 底材:ゴム、21.5~24.5cm、ブラウン・キャメル・カーキ・レッド・ダークブラウン・ブラック・クリーム)29,160円
■取扱店舗:そごう大宮店5階=リミテッド エディション エリアモード

春らしいカラフルなバッグで気軽に親子ペアルック。

そごう川口店

KOZACLA
小櫻美晴さん

アパレルのデザイナーとして勤務後、フリーランスを経て2014年10月、KOZACLAをスタート。思いついた楽しいことをカタチにしています。繊維業に携わっていたことから主に布を使った雑貨を制作。

森の物知り博士などとして親しまれている「ふくろう」を、絵の具で色あそびをしながら描きあげました。表地は発色の良い染料プリントのオリジナルテキスタイル、裏地は日本製純綿帆布(弱撥水)のリバーシブル仕様のボールバッグです。

KOZACLA/
ふくろう REVERSIBLE BAG(綿100%、タテ37×ヨコ24×マチ14cm、全4色)各8,532円
■取扱店舗:そごう川口店4階=リミテッド エディション エリアモード

透明感のある冴えた藍色を独自に探求。

そごう徳島店

Saai dye studio
田村美奈子さん

日本の文化として「すくも」が出す藍の色を、次世代につなげようと活動する藍染職人。くすみと鮮やかさの相反する色が含まれる藍の豊かな色を損なわないように、くすみだけを取り除き、日本古来の冴えた透明感のある色染めにこだわっています。

素材と藍染の色合い・風合いを現代の女性に気軽に楽しんでもらえるようにドット柄にて表現。一つ一つを手描きし、柄の配置にもこだわりました。世界で一点しかないカーディガンです。

Saai dye studio/
カーディガン(本体:麻100%、フリー)30,240円
■取扱店舗:そごう徳島店3階=リミテッド エディション エリアモード
※1点ずつ手作りのため写真のカーディガンは1点限りとなります。

ページ上部へ