B TOKYO

滝沢直己がデザイン、プロデュースを手掛ける東京発メンズウエアブランド「B TOKYO」。
日本人による世界の男性達のための服を作りたいという思いから、生まれました。

素材は、既製品は日本毛織の70年前のアーカイブからトロピカル素材やサージ素材を完全復刻し、カスタムメード品は英国王室御用達のハリソンズや尾州、葛利毛織の素材を。仕立ては歴代アメリカ大統領も着用していたブランドが認めたトレンザ製。また日本の紳士靴の第一人者である長嶋正樹氏をシューズクチュリエに迎えて作り上げたコードバンのシューズ。フェアファクス社によるネクタイなど、各分野におけるエキスパートとのコラボレーションにより実現したブランドです。

STYLE

ブレザージャケット、コート、パンツはそれぞれデザイナーとパタンナーがこだわり抜いた定番デザインを、それぞれのサイズに展開しています。ブレザーは細身のシルエットになっていますが、スリムフィット、レギュラーフィットの2種類のフィット感を選択できます。靴も究極の定番であるローファー、プレーントウのグッドイヤーウエルト製法の2型をカーフとコードバンでご用意し、ソールは機能性を重視してゴム底にしています。ネクタイは定番の柄をブレザージャケットに合わせやすいトーンにそろえ、デザイナーのこだわりの細さに仕上げました。

日本毛織の戦前からのアーカイブから選び復刻、軽量化した60/2サージを使用しています。歴代のアメリカ大統領御用達ブランドも認める大阪・枚方のトレンザにて、日本の熟練した職人たちによって作られたこだわりの逸品です。ブラックとベージュの二色展開です。

ブレザー (毛100%、44~50)103,680円

ネクタイ (絹100%)15,120円

パンツ(毛100%、82~95)42,120円

ブレザー (毛100%、44~50)103,680円

ネクタイ (絹100%)15,120円

パンツ(毛100%、82~95)42,120円

サージ同様、日本毛織の素材を使用。戦後間もないころに使用されていた春夏素材のトロピカルを、滝沢氏が日本毛織と取り組み復刻し採用しています。

ブレザー(毛100%、44~50)103,680円

ネクタイ (絹100%)15,120円

60/2コットンのしっかりと織り上げられた素材を使用したステンカラーコート。ジャケットの上から着用できるよう、余裕を持った分量感で、丈も長めにデザインしています。

コート (綿100%、46~50)108,000円

CUSTOMIZE

英国王室御用達のハリソンズや海外ブランドにも認められる尾州、葛利毛織の素材の中から長く愛される素材や柄を厳選したコレクションです。英国王室御用達のファブリックメーカー、ハリソンズ・オブ・エジンバラの桜のように艶やかなピンクが美しい素材と、メゾンブランドが認める尾州、葛利毛織の上品な光沢が特徴的なブラックチンツ素材が、西武渋谷店限定素材として登場。ブランドオリジナルの裏地、ボタンとの組み合わせをお楽しみください。
※画像の素材とボタンのセッティングは、ブランドがお勧めするカラーリングになります。

MATERIAL 素材

MATERIAL 素材

ITEM

バーニーズNY本店でも高い評価を得ているフェアファクスコレクティブ社の「 MADE IN JAPAN 」のネクタイ。生地から裁断、縫製までの全工程を国内で行うことによって、ハンドメードならではの絶妙な力加減や言葉のニュアンスでしか伝えられない製品への想いを伝えることが可能に。トラディショナルなデザインにこだわりながら、シーズンごとにコーディネートを楽しめる新しいカラーを入れ替えています。

ネクタイ(絹100%、21色) 各15,120円

日本の紳士靴の第一人者である長嶋正樹氏をプロデューサーに迎え、革のダイヤモンドとも呼ばれる、希少なコードバンを使用。日本の気候環境に適応する機能を考え、ラバーソールを採用しています。高級靴の代名詞であるグッドイヤーウエルト製法を採用し、履くほどに足になじみます。

ローファー(黒) 102,600円

プレーントゥ(バーガンディ) 101,520円

STORY

1896年創業、日本毛織株式会社(通称社名:ニッケ)。創業以来、ウールの総合メーカーとして品質の向上や技術開発に努め、日本の繊維産業の発展に寄与するとともに、“ウールのニッケ”としてこれまで高い評価を得ている。昭和初期から現在に至るまで約100年間ずっと飽くことなく生産され続けている素材を持ち、今回の素材用に戦前の当時のレーベルを復刻。
1863年、後のエジンバラ市長 サー・ジョージ・ハリソンによって創設された名門マーチャント(服地卸商)、ハリソンズ オブ エジンバラ。欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されてきた。「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」という哲学のもと、最上の原毛のみを使用し、仕上げに至るまで全ての工程に於いて妥協を排して生み出される服地の数々は、実際に縫製に携わるプロフェッショナル達から絶対的な信頼を寄せられている。
古くは奈良時代から織物産地として栄えた尾張一宮で創業100年を超える葛利毛織の代表ブランド「Dominx」。フランス語で「制覇」を意味する「DOMINATION」からヒントを得た織物産業に生きる気概を表している。同社は多くの織物工場が効率化を図る中、手織りの風合いにこだわり超低速自動織機「ションヘル織機」を昭和初期から使用し続ける。まるで職人の手のように動く機械が繊維を痛めることなく丁寧に織り上げるため、抜群の風合いを再現する。
B TOKYO(ビー・トーキョー)の『B』はBlazer Jacket(ブレザージャケット)の『B』、Bad Boy(バッドボーイ)の『B』、そしてボタンのデザインソースとなったBe-goma(ベーゴマ)の『B』に由来しています。東京発信の新しいトラッドの提案、ということで敢えてブランド名に『TOKYO』を入れました。
オリジナルデザインのボタンを5種類ご用意、カスタムご注文の際は5種類の中からお好きな組み合わせを、お選びいただけます。
長野県南信州のコードバン(馬革)専門の皮なめし職人の手によって作られた革のダイヤモンドとも呼ばれているコードバン(馬革)を使用。コードバンとは、馬のお尻部分の内側にある厚さ2mm程度の非常に強靭で特殊な繊維組織のことで銀面の無い単層の構造で、コラーゲン繊維が縦にきめ細かく整然と並んだほかの革には無い特殊な構造をしています。

PROFILE

滝沢 直己
滝沢 直己 Naoki Takizawa
ISSEY MIYAKEのクリエーティブディレクターを経て、2007年に独立。独立後は様々なブランドのデザインディレクションのほか、企業のユニフォームのデザインやコンサルティングを手掛けている。2011〜2014年 ユニクロのデザインディレクター、2014年からスペシャルプロジェクトのデザインディレクターとして同年3月から発売開始となったイネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)とのコラボレーションライン等を担当。2017年5月から運行を開始した、JR東日本の TRAIN SUITE 四季島の乗務員、およびクルーのユニフォームデザインも手がけている。
2009〜2014年 東京大学総合研究博物館インターメディアテク寄附研究部門特任教授。
2011〜2013年 早稲田大学文化構想学部非常勤講師。
2007年フランス芸術文化シュバリエ勲章受章。

SHOP INFO

このページのトップへ