戻る

2009年、創立250周年を迎えるイギリスの陶磁器ブランド、ウェッジウッド。歴史ある伝統を守りながらも、移りゆく時代とともに革新を続け、つねに新しい息吹を感じさせる製品を創造するウェッジウッドは、数ある洋食器メーカーのなかでも憧れのブランドといえるでしょう。

ウェッジウッド社は、「英国陶工の父」と呼ばれるジョサイア・ウェッジウッド(1730-1795)により、1759年に創立されました。陶器業を営む家に生まれたジョサイアは、幼い頃から陶器作りに従事し、29歳でウェッジウッド社の前身となるアイヴィー・ハウス工房を設立。その後、「クリームウェア」「ジャスパー」など多くの画期的な素地の新製品を発表するとともに、今日まで続くウェッジウッドの伝統の基礎を築きました。同社の製品は瞬く間にヨーロッパ各地へと広まり、イギリス王室をはじめ、各国の王侯貴族たちに愛用されて、現代でも人々を魅了し続けています。

本展では、ウェッジウッド美術館の所蔵品を中心に、ノッティンガム城美術館、ポタリーズ美術館、駐日英国大使館などが所蔵する貴重な品が出品されます。ディナープレート、カップ&ソーサーなどのテーブルウェアをはじめ、壺、花瓶、小物入れや装飾品など約250点とともに、同社の製品による華やかなテーブルセッティングも展覧し、ウェッジウッドの歴史と名品の数々をご紹介いたします。

 
 

中村卓夫氏(陶芸家)による記念講演会

創立250年を記念して、ウェッジウッドと日本人陶芸家が共同制作で完成させた〈ジャパネスク〉シリーズ。日本古来の伝統である茶道、華道、書道をテーマに、中村氏はジャスパー(せっ器)を使って、日本人陶芸家として初めて英国ウェッジウッド本社工場で制作をされました。本講演会ではウェッジウッドのテーブルウェアで「にき亭」の紅茶とお菓子をいただきながら、中村氏の興味深いお話をお楽しみいただきます。


■日  時:2月17日(火)午後3時30分〜
■会  場:にき亭(そごう横浜店10階)
■参加費 :3,000円(紅茶と茶菓子、本展覧会招待券付き)
■定  員:40名さま(先着順)
■参加方法:そごう美術館までお電話でお申し込みください。
■電  話:045(465)5515〈美術館直通〉

ギャラリートーク(学芸員による作品解説)

毎週土曜日午後2時から

展覧会図録特別セールのお知らせ

そごう美術館で開催された過去の展覧会図録を「ウェッジウッド」展会期中(1月29日〜3月1日)に限り、20%〜50%OFFで販売いたします。
ぜひこの機会をご利用ください。
詳しくはこちら>>

開館時間 午前10時〜午後8時 ※入館は閉館の30分前まで 主  催 (財)そごう美術館、朝日新聞社、神奈川新聞社
入館料 大人1,000(800)円、大学・高校生800(600)円、中学生以下無料
※消費税含む ※( )内は前売および20名さま以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方、および同伴者1名さまは( )内の料金にてご入館いただけます
後  援 外務省、ブリティッシュ・カウンシル、
神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協  力 ウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパン、
ページトップ