スケジュール
TOP
アーカイブ
スケジュール
ご案内
展覧会名 会期 内容 関連イベント

再興第107回院展

2023年3月24日(金)~4月16日(日)

日本美術院は、横浜出身の岡倉天心が中心となり1898(明治31)年に創立した日本画の研究団体です。一時上野・谷中から茨城・五浦へ拠点を移しますが、1914(大正3)年に上野・谷中に再興しました。現在にいたるまで、日本画の名だたる巨匠を数多く輩出しています。
毎年9月の東京展を皮切りに全国巡回する再興院展。第107回の本展では、同人作家の作品32点をはじめ、2022年10月に新たに同人に推挙された1名の作品、受賞作品および神奈川県ゆかりの作家の作品など合計85点を一堂に展覧いたします。

さくらももこ展

2023年4月22日(土)〜5月28日(日)

まんが家、エッセイスト、作詞家、脚本家といくつもの顔を持ち、新しいキャラクターやエッセイを次々と世に送り出し続けた稀代のアーティスト、さくらももこのいまなお輝き続きけるその全仕事に迫ります。
約300点のカラー原画や直筆原稿を一堂に展示。“描く”ことと“書く”ことを楽しみつくし多忙を極める一方、季節のうつろいや小さな日常をこよなく愛したさくらももこの世界をぜひお楽しみください。

霊気を彫り出す彫刻家・大森暁生展

2023年6月3日(土)~7月9日(日)

彫刻家・大森暁生(おおもりあきお/1971年)は、主に木と金属を素材に、実在する生きものから架空の生きものまでをモチーフに制作しています。その彫刻は、霊気を帯びているかのように神秘的で、今にも動き出しそうなほどにリアルです。
本展では、初期作品から代表作、積極的に取り組んできた異分野とのコラボレーション作品、2023年10月に讃岐国分寺(香川県)に奉納予定の大日如来坐像の紹介、そして最新作までを作家の言葉とともに展覧いたします。

第78回春の院展

2023年7月14日(金)~7月23日(日)

日本美術院は、横浜出身の岡倉天心が中心となって1898(明治31)年に設立されました。一時活動を中断しましたが、1914(大正3)年に横山大観らによって再興。以来、日本美術の伝統を維持しながら、次代の新しい美術を樹立することを目指し、意欲的に活動しています。
春の院展は、1945(昭和20)年に「日本美術院小品展覧会」として始まり、「日本美術院春季展覧会」名を経て、1970(昭和45)年に現在の「春の院展」へ改称しました。始まりの名の通り「春の院展」は、サイズが限定されているため、実験的な作品が多く出品され、細部の描きこみまでご覧いただけるのが特徴です。
現代日本画壇で活躍する巨匠から新人作家まで、力作の数々をぜひご覧ください。

魔法まほう美術館びじゅつかん 光と遊ぶ超体感型ミュージアム

2023年8月1日(火)~9月10日(日)

この夏、美術館が魔法に包まれる。
光と影の新感覚アートが勢ぞろい。
これまで全国で開催され、大きな話題をよんできた「魔法の美術館」がそごう美術館にやってきます。
光+アート×体験=魔法の美術館。一歩足を踏み入れると、魔法のような空間が広がります。あなたの動きにあわせて、光や影が動き出す不思議な作品の数々。本展は、新しい感覚の参加型アート展です。
「魔法の美術館」には魔法使いはいません。主役はあなた自身です。子供から大人まで誰もが楽しめる光とアートの世界をぜひお楽しみください。

アーツ・アンド・クラフツとデザイン
ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

2023年9月16日(土)~11月5日(日)

19世紀後半にイギリスで興ったアーツ・アンド・クラフツ運動は、産業革命以降急速に失われつつあった手仕事による制作活動を取り戻し、更に、生活と芸術の一体化を目指しました。中心人物となったウィリアム・モリス(1834-1896)の思想と実践は、同時代の作家に広く受け入れられ、イギリス全体、そして世界各地へと広まります。アメリカでは、建築家フランク・ロイド・ライト(1867-1959)らも参加し、運動は新たな展開を見せました。
手仕事の中に復興を目指したアーツ・アンド・クラフツ運動は、美術や工芸、建築だけにとどまらず、産業や人々の生活文化にも影響を与え、その思想は現代の日本にも息づいています。
本展では、各地の歴史や文化を反映し発展したアーツ・アンド・クラフツ運動の歩みを、テキスタイルや壁紙・家具・金工など、多様な作品を通じてご紹介いたします。

生誕110周年記念 中原淳一展(仮)

2023年11月18日(土)~2024年1月8日(月・祝)

戦前から戦後にかけて「ほんとうの美しさ、豊かさ」を追求し、女性たちから圧倒的に支持された中原淳一(1913-1983)の、生誕110年を記念した展覧会を開催します。
ファッションデザイン、インテリアデザイン、雑誌編集、イラストレーションなどの領域を大きく超え、中原はマルチクリエイターと呼ぶべき多彩な活躍を果たしました。
本展では、中原の手による雑誌「それいゆ」の表紙原画、スタイル画、人形などを展示するほか、現代のクリエイターの視点から、中原の追求した「美のこたえ」を探ります。

水木しげる生誕100周年記念
水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

2024年1月20日(土)~3月10日(日)

日本漫画界を代表する水木しげる(1922-2015)。漫画連載の傍ら、妖怪研究の様々な文献を紐解き、生涯にわたり数多くの妖怪画を描き続けました。本展では、百鬼夜行の名にふさわしく、水木の妖怪画100点以上を一挙公開する他、江戸時代の絵師・鳥山石燕(1712-1788)の『画図百鬼夜行』、昭和初期の民俗学者・柳田國男(1875-1962)の『妖怪談義』など、水木自身が所蔵する妖怪関係資料を初めて公開します。
代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ多くの妖怪作品を生み出した水木しげるは、「妖怪」という言葉が一般に広がるきっかけを作ったのみならず、その後も長きにわたり妖怪ブームの原動力を担い続けました。妖怪研究に没頭し、現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせた水木が、どのように妖怪と向き合い、描いてきたのか。水木の描いた妖怪たちがどのように生まれてきたのか。今なお多くの人を魅了し続ける水木の妖怪ワールドをご堪能ください。

おことわり
※展覧会名、会期、開館時間、イベント内容などは予告なく変更することがございます。
※展覧会中の休館日は、そごう横浜店の休日に準じます。
※くわしくは事前にお問い合わせください。
お問い合わせ先
そごう美術館(そごう横浜店6階) 電話045-465-5515(美術館直通)
このページに掲載の記事/写真の無断転用を禁止します。