メールマガジン2010 2月号 そごう横浜店 ダイニングパーク横浜通信 そごう
あのお店のこだわり食材 小鯛雀鮨 すし萬

居心地のよい店内で味わう本格お鮨と懐石料理

350年の伝統を受け継ぐ、鯛の圧し鮨「小鯛雀鮨(こだいすずめずし)」が有名な「すし萬」。食の街大阪を代表するこの味が横浜で味わえる。全国の新鮮な魚介の新鮮な魚介の握りはもちろん、日本料理店で修行した板前が腕をふるう本格懐石料理が「すし萬」の自慢だ。日本酒、焼酎は合わせて20種類以上。運がよければ、いつものメニューにはない希少なお酒が入荷していることもある。
窓から見える窓から見える緑を眺めながらの眺めながらの食事とお酒は、日常を忘れ、くつろぎのひとときを与えてくれるくれる。

平均予算は、昼で3,000〜4,000円程度、夜は10,000〜15,000円程度。ランチには、「海のちらし」(赤だし汁付き3,150円)や「上にぎり上にぎり」(お吸い物付き3,657円)がおすすめだ。
カウンター席やテーブル席、8人まで対応できる個室があり、買い物途中に1人で、夫婦2人で、仕事仲間と数名で、接待で、さまざまなシチュエーションで訪れる訪れることができる。
内観1 内観2 1人でふらりと訪れ、カウンター席で板前との会話と食事を楽しむ常連客も多い。 上へもどる 

今月のこだわり食材

大間の生本マグロ大トロ 鮮度抜群!三崎漁港の“朝獲れ”魚介
「すし萬」には、新鮮な魚介が全国各地から集まる。そんな「すし萬」の中でも、そごう横浜店でしか味わえないものがある。それが、神奈川県三崎漁港で朝水揚げされた、鮮度抜群の魚を使った料理だ。朝水揚げされた魚をその日のうちにいただく。これほど贅沢な贅沢なことはない。

「2月は、天然鯛、ホウボウ、あじがおすすめです。」
(石井紀之総料理長)

世界各地のマグロももちろん味わえる。大間の生本マグロ大トロは1貫1,480円。大間以外のマグロ大トロは1貫1,365円。
大間のマグロが入荷していたらいたら迷わず頼みたい。
上へもどる 

こだわり食材が味わえるイチオシメニュー

お得なコースメニュー「つばき」

高価格で敷居が高いというイメージが強い懐石料理。だが、「すし萬」そごう横浜店なら、お得な価格で本格的な味を楽しむことができる。
2月のおすすめ「つばきつばき」(7,350円)は、マグロ、穴子、白身、ウニ、ぼたん海老と高級鮮魚のにぎり鮨5貫に、「すし萬」自慢の小鯛雀鮨、旬の食材を使った前菜、お造りお造り3点盛り、蒸し物、お吸い物、デザートデザートが付く大満足のコース料理だ。

一品料理では、魚介だけでなく、素材の味を引き出し、酢飯に合うように手間を惜しまず味付けした、たけのこやしいたけなどの季節野菜が味わえる。

さらに1〜2月の時期しか味わえない生酒、神奈川県の「丹澤山」(1合1,050円)をオンザロックでいただけば完璧だ。
コースメニュー「つばき」

2月のおすすめ「つばき」の前菜は、ふきのとうやたけのこなど、早春の食材を、焼く、煮る、揚げるだけでなく、さまざまな懐石料理の技法を使って手間暇かけてかけて味付けした一品。


店名:小鯛雀鮨 すし萬
電話:045-465-5977
住所:そごう横浜店10階 ダイニングパークダイニングパーク横浜
営業時間:午前11時〜午後11時(L.O.午後10時)
席数:42席
※全席禁煙(午前11時〜午後5時、午後5時以降は分煙分煙となります)
※表示価格は、本体価格に消費税額を加えた「お支払い総額(税込価格)」となっております。



ダイニングパーク横浜 インターネット会員 メルマガ会員限定!お得なクーポン


〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地25 二番町センタービル
(株)そごう・西武 「メールマガジン」係  発行・編集責任者 荒木繁美
Copyright (C) Sogo & Seibu Co., Ltd.
このページに記載の記事および画像の無断転用を禁止いたします。

お問い合わせよくあるお問い合わせ
登録内容ご変更・配信停止プライバシーポリシーについてそごうホームページ