店舗案内

全国の各店舗をご案内します。下記の店舗名をクリックしてください。

体験型専門店館
ONLINE STORE

西武池袋本店

03-3981-0111(代表)

東京都豊島区南池袋1-28-1

地図・駐車場

    営業時間のご案内
    ■本館・別館
    [月〜土]午前10時〜午後9時[日・祝休日]午前10時〜午後8時
    ※4月29日(日・祝)、5月3日(木・祝)〜5日(土・祝)は午後9時まで。
    ■9階屋上=食と緑の空中庭園 [月〜日・祝休日]午前10時〜午後8時
    ※4月25日(水)までは午前10時から午後8時。4月26(木)からは午後10時まで。
    ■8階レストラン [月〜金] 午前11時〜午後11時 [土・日・祝休日] 午前10時30分〜午後11時
    ■ザ・ガーデン自由が丘[月〜土]午前10時〜午後10時[日・祝休日] 午前10時〜午後9時
    ※4月29日(日・祝)、5月3日(木・祝)〜5日(土・祝)は午後10時まで。
    ■アインズ&トルペ [月〜日・祝休日] 午前10時〜午後10時
    ■別館地下1階・書籍館=三省堂書店池袋本店、別館地下1階=銀座山野楽器 西武池袋店
    [月〜日・祝休日]午前10時〜午後10時

    <くわしくはこちら>


    休業日のご案内:■今月は休まず営業いたします。 

西武池袋本店トップ>西武アート・フォーラム/アート・ギャラリー >[5月2日(水)〜8日(火)]若き才能が描くバレエダンサー展 Vol.2

催事場
イケセイ最新情報(フェア&イベント)
西武アート・フォーラム/アート・ギャラリー
レストラン/カフェ/イートイン/[9階 屋上]食と緑の空中庭園
食品/スイーツ&グルメ
コスメ&ビューティー
レディース
メンズ
ベビー&キッズ
スポーツ/トラベル
インテリア/くらしのデザインサロン/趣味の店 サンイデー
宝飾/時計/呉服
ブライダル/ギフト/進物サロン
LOFT/無印良品/三省堂書店ほか専門店/サービス
会員限定サービス
専門販売員
ネットショッピング e.デパート
お知らせ/Information
CSR
  • 9階屋上 食と緑の空中庭園
  • 西武池袋本店8Fレストラン ダイニングパーク池袋
  • Japan Tax-free Shop
  • ROYAL PLATINUM SELECTION
  • e.CASTEL
  • クラブオンカード
  • レストラン・喫茶・ロフト・食品売場でも電子マネーnanacoが便利でおトク!
  • 高速&無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」
  • セブンプレミアム
  • 池袋コミュニティ・カレッジ
  • 無印良品
  • ロフト
  • 三省堂書店
  • ザ・ガーデン
  • オッシュマンズ
  • アインズ&トルペ
  • 八ヶ岳高原ロッジ
  • ISP池袋ショッピングパーク

西武アート・フォーラム/アート・ギャラリー

[5月2日(水)〜8日(火)]若き才能が描くバレエダンサー展 Vol.2

■会期:2018年5月2日(水)〜8日(火)
■会場:6階(中央B8)=西武アート・フォーラム
※最終日5月8日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします。

19世紀後半パリ・オペラ座に通い、バレエダンサーのいる情景を描いた印象派の巨匠・ドガ。「バレエダンサーは人間が到達し得る最高の美術領域。」と語り、人間の躍動の一瞬を描き、「現代のドガ」と呼ばれたロバート・ハインデル。画家にとって、バレエやバレエダンサーは、その魂を揺さぶる創造の源です。
2016年に続き二度目となる本展では、前回のメンバーに加え、新たに日本画家の福井江太郎と坂本藍子が牧阿佐美バレエ団の取材を重ね、それぞれの新世界を披露いたします。
同じモチーフに挑戦する8人の画家たちの新作を一堂に展示し、若き才能の感性・個性までもが感じ取れる、興味の尽きない展覧会です。

出品予定作家(五十音順・敬称略):
大河原 典子、古河原 泉、坂本 藍子、染谷 香理、中島 健太、福井 江太郎、山本 大貴

 特別出品(敬称略):
トッド・ハインデル

<作品の販売について>
誠に勝手ながら、会期初日5月2日(水)午後1時までは全作品とも抽選販売とさせていただきます。
また、ご購入者さま決定以外の作品につきましては、5月2日(水)午後1時以降先着順のご売約とさせていただきます。
※ご当選者さまには、5月2日(水)午後1時以降にご指定のご連絡先にお電話にてご通知申しあげます。会期初日の混乱を避けるため、何卒ご協力賜りますようお願い申しあげます。 

大河原 典子「一躍」

サイズ:10号P
絹本・彩色

男性ダンサーのダイナミックな動き、浮遊感を表現したいと思いました。
衣装は「くるみ割り人形」の演目から取りました。

[大河原 典子 profile]
1976年 東京都生まれ
2004年 東京藝術大学大学院博士課程修了、野村賞
2013年 第1回桜花賞展 奨励賞 
2015年 法相宗大本山・薬師寺「吉祥天画像」奉納

現在: 日本美術院院友、鎌倉女子大学准教授

古河原 泉「dancer - ひとつの呼吸-」 

サイズ: 51.5×60cm
ミクストメディア・紙

少しだけ吐いた息、視線の行方、笑顔という表現の内側にある何か。
そうしたダンサーたちの一瞬に凝縮される「何か」に魅力を感じずにはいられない。全身で芸術を生む彼らに、その「何か」が同居した一瞬を描きたい思いです。

[古河原 泉 profile]
1978年 栃木県生まれ 
2000年 宇都宮大学教育学部美術科卒業
2003年 光風会初入選(以降、毎年入選)
2004年 日展初入選(以降、入選7回)

現在: 無所属、国内の百貨店・ギャラリーで作品を発表

坂本 藍子「Fairy」

サイズ: 20号F
麻紙・岩絵具・箔

ダンサーが踊り始めた瞬間、魔法がかかったかのように、がらんとしたスタジオが物語の森になり、まるで本物の妖精が舞っているようでした。とても楽しそうに幸せそうに踊り、そして時に儚く佇む姿を見て、その美しさに涙が出てきそうになりました。その時の感動を絵に込められるよう描きました。

[坂本 藍子 profile]
1977年 東京都生まれ
2001年 日展(’03) 
2003年 多摩美術大学大学院修了 
2008年 臥龍桜日本画大賞展 優秀賞
2015年 アートアワードネクスト展 青年会賞

染谷 香理「羽休め」

サイズ:40号S
紙本・彩色

激しい練習の合間の休憩している姿を描きました。
それはまるで白いクジャクのように優雅で穏やかに見えました。

[染谷 香理 profile]
1977年 島根県生まれ
2002年 東京藝術大学大学院修了
2007年 有芽の会 法務大臣賞(西武アート・フォーラム)
2013年 第68回春の院展 外務大臣賞・奨励賞

現在: 日本美術院特待、東京藝術大学大学院助教

中島 健太「TOUGHNESS」

サイズ: 20号F
油彩・キャンバス

考えてみれば男性像にシンプルに取り組んだのは初めてだ。
自然と僕の美意識に触れる程に、男性ダンサーのしなやかさとパワーを兼ね備えた肉体は美しかった。

[中島 健太 profile]
1984年 東京都生まれ
2008年 武蔵野美術大学油絵学科卒業
2009年 第41回日展 特選(初出品)
2014年 改組新第1回日展 特選

現在: 白日会会員、日展会友

福井 江太郎「白鳥の湖 第二幕より」

サイズ:10号P
大濱紙・鉛筆・木炭・岩絵具・金箔・天然アクリル顔料・墨

ダンサーが人生の全てを舞台にかけている姿を、何とか画面に収めたいと思い、2年半取材を続けてきました。私は15歳の春、キエフ国立バレエ学校に短期留学しており、このような形で関われるとは思ってもいませんでした。今後、私のライフワークとなればと思っています。そして、素晴らしい機会を与えてくださった牧阿佐美先生と牧阿佐美バレエ団のみなさまに、心より感謝申し上げます。

[福井 江太郎 profile]
1969年 東京都生まれ
1994年 多摩美術大学大学院修了
2006年 春の叙勲褒章にて紺綬褒章(’13)
2008年 「両洋の眼」展 河北倫明賞

現在: 東京とニューヨークにアトリエを構え活動中

山本 大貴「The Sugar Plum Fairy」

サイズ:30号M
油彩・パネル

ダンサーたちの修練の結晶といえる舞台を艶やかに彩る衣装の数々。今回、その衣装に焦点を当てて、取材を進めました。その中で、衣装に対しても、並々ならぬ美意識が注ぎ込まれていることを窺い知りました。ダンサーの美しいフォルムと共に、衣装の魅力へも注目してご覧いただけたら幸いです。

[山本 大貴 profile]
1982年 千葉県生まれ
2007年 第83回白日会展 白日賞(初出品)
2009年 武蔵野美術大学大学院修了
2010年 第86回白日会展 冨田賞

現在: 白日会会員

トッド・ハインデル「Two Dancers in Rehearsal」

サイズ:70×53cm
油彩・キャンバス

父ハインデルが通った牧阿佐美バレエ団のクオリティーの高さに魅了され、父とは異なった躍動するダンサーの新作を発表します。

[トッド・ハインデル profile]
1966年 アメリカ・デトロイトに生まれる。
父、ロバート・ハインデルの影響を受け、7歳より絵を描く。
高校時代には絵画で多くの賞を取るが、映画製作への興味もあり、大学卒業後にはジョージ・ルーカスのIndustrial&Magic(ILM)に勤める。
2005年の父の死後に画家に転身。自宅をアトランタに移し、スタジオを設け、現在はニューヨークやアムステルダムの画廊で個展を開催。

前のページへ戻る