店舗案内

全国の各店舗をご案内します。下記の店舗名をクリックしてください。

そごう神戸店

078-221-4181(代表)

〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号

地図・駐車場

    営業時間のご案内:午前10時〜午後8時
    (レストラン街は店舗により異なります。) 
    <くわしくはこちら>

    休業日のご案内:今月は休まず営業いたします。


そごう神戸店トップ>催し物&フェア >園&学校タイプ別、春のハレフク

催し物&フェア

園&学校タイプ別、春のハレフク

 

■本館3階=インディヴィ
■本館4階=リミテッド エディション@オフィス、23区
■本館5階=自由区、リフレクト、トゥービーシック、リミテッド エディション by アツロウ タヤマ
■本館6階=アドレス

新生活が始まる春、お子さまの入学(園)式、卒業(園)式などの装いに頭を悩ませてはいませんか。そんなみなさまのために、幼稚園や小学校を地域やタイプ別に分けた春のハレフクスタイルをご紹介いたします。

【保育園】

■本館3階=インディヴィ
■本館6階=アドレス

<インディヴィ>
働くママなら、一回限りのセレモニーだけでなく、その後の通勤シーンを想定したセットアップを狙いたい。

ツイードでもシンプルなライトグレーのジャケット&タイトスカートは、働くママにぴったりな、甘さ控えめなハンサムなスタイリングが叶います。卒入園式には暗くならないよう、顔周りがぱっと華やぐ白のインナーで“いい母モード”を取り入れて。
ひざ丈のタイトスカートは、ロングカーディガンやシャツと合わせたり、ジャケットは、パンツやデニムと合わせるなど、バラしてもセットでも幅広く着回せるのが魅力です。
 
アドレス>
ネイビー率高めの式に色を添える白のワントーンコーデ。トップスにミックスツイードのジャケットを合わせることで、セレモニーらしい好印象をキープするのが成功の秘訣です。
1つあると便利なツイードのジャケットは、スカートやワンピースのほか、ダメージデニムで着崩すのもオシャレ!トップスもボトムスも、どちらも普段使いでも主力になるアイテムがポイントです。 

【幼稚園】

■本館4階=リミテッド エディション @オフィス
■本館5階=自由区

<自由区>
お上品ママ御用達、ご近所の私立幼稚園

ちょっぴりリッチなフェミニンコーデがお約束。ジャケット&ブラウス&フレアスカートの鉄板スタイルながら、ツイード風のジャケットやシフォンのブラウスで華やかにまとめるのが正解です。

トップスをニットのアンサンブルに変えれば、ジャケットスタイルとはまた違ったやさしい雰囲気になり、保護者会やランチ会など、入園式後の行事にもぴったり。上下バラして着回せるので、あらゆるオケージョンで出番がありそう。

<リミテッド エディション @オフィス>
コンサバはちょっと苦手・・・・。体育会系私立幼稚園。

甘さよりハンサムを求めるママには、コンサバ色の強いワンピスーツより、着慣れたパンツスーツのセットアップがおすすめ。

普段の通勤スタイルにも着回し可能です。お受験にはインナーはかちっとしたカラーをセレクト、卒入園式にはレース素材や、光沢のある白のインナーを合わせて華やかに装って。胸元にパールなどのブローチをあしらえば、ぐっとフォーマル感が増します。

【小学校】

■本館4階=23区
■本館5階=リフレクト、トゥービーシック、リミテッド エディション by アツロウ タヤマ

<リフレクト>
清く正しく、お硬いムードの私立女子小学校。


きちんと感が最優先! 王道のネイビーが基本ながら、丸首のノーカラージャケットやタックスカートで、ほんのりフェミニンをまとって。

女子校らしい、良き母のイメージを保つのがポイントです。お受験時とは違うハレの日らしさは、インナーの素材や小物で勝負!レースやパールを取り入れれば、誰から見ても好印象なコーディネートの完成です。コンサバ色の強いスカートを着回すなら、ダンガリーシャツやスウェットと組み合わせて。今っぽくカジュアルダウンさせるとうまくいきます。

<トゥービーシック>
親しみやすさがポイント、地元の公立小学校。


地元の小学校なら、子どもはもちろん、ご近所のママたちにも親しまれるスタイリングがポイントに。

フレアシルエットのワンピースなら、難なくその条件をクリア!清楚で優しいママを演出してくれます。多少なりともオリジナリティーを取り入れるなら、華やかカラーのツイード素材がおすすめです。キマり過ぎないよう、バッグでカジュアルダウンさせるのがコツ。華やかさと親しみやすさ、両方をキープした無理のないコーディネートが仕上がります。

<リミテッド エディション by アツロウ タヤマ>
朗らかなフェミニンママへ、ご近所小学校。


明るめのカラーや素材感で差をつけて、気さくで上品なママを目指して。ベージュのツイードスーツなら、コンサバ感はキープしながらも、お祝いムードを盛り上げるリッチなコーディネートが完成します。

丸首のノーカラージャケットは、誰から見ても好印象なフェミニンアイテム。ハンサムなひざ丈のタイトスカートを、女性らしく見せてくれる効果も。首元に大ぶりネックレスやスカーフをまとうのを忘れずに。

前のページへ戻る