西武そごう

MENU

  • 機能別に分かる!おすすめランドセル
  • ランドセルお悩み解決Q&A
  • 職人のこだわり
  • ランドセルえらびチャート
  • 西武・そごうのランドセル TOP

職人の伝統と最先端の技を生かしたランドセル作り 職人のこだわり 萬勇鞄(まんゆうかばん)×市川鞄広(いちかわほうこう)職人の伝統と最先端の技を生かしたランドセル作り 職人のこだわり 萬勇鞄(まんゆうかばん)×市川鞄広(いちかわほうこう) ひと針ひと針、魔法をかけるように。職⼈の⼿から⽣まれる“6年うれしい”ランドセルです。

ひと針ひと針、魔法をかけるように。
職⼈の⼿から⽣まれる“6年うれしい”ランドセルです。

すべての工程に、想いを込めて。ランドセル作りって、こどもの未来も作るんです。すべての工程に、想いを込めて。ランドセル作りって、こどもの未来も作るんです。
ここに密着

名古屋のランドセル工房「萬勇鞄」(協力工房)名古屋のランドセル工房「萬勇鞄」(協力工房)

トントン、カンカン、ダッダダダ…広々とした工房に、さまざまな音が鳴り響きます。訪ねたのは、前身の鞄屋から始まり、約70年の歴史をもつ工房「萬勇鞄」さん。「伝統に最先端の技や機能も取り入れながら、大切な6年間を託せるランドセル作りにこだわっているんです」。子育て世代の若い職人さんも多い工房で、どんな想いをこめてランドセルが作られているのか。その核心に迫りました。

パーツ作り、組み立てまで手作業で。パーツ作り、組み立てまで手作業で。

素材のチェックからミシン掛け、貼り合わせまで…。一つ一つの小さな工程にも、それぞれの作業に特化したプロたちが厳しい目を光らせます。

見えない細部にこそ、丈夫さの秘密がギュッと。見えない細部にこそ、丈夫さの秘密がギュッと。

負荷がかかり型崩れしやすい大マチ。この部分に補強材の樹脂プレートを入れています。萬勇鞄では大マチの生地の際までしっかりと樹脂を入れ、強度を高めます。

背板の補強に使っているのは、実はピアノ線。手作業で慎重に通し、ずれないようミシンで丁寧に縫いあげます。ピアノ線を入れることで背板が反りにくくなり、変形も防いでくれます。

昔ながらの“学習院型”も、少しの工夫でさらに丈夫に。昔ながらの“学習院型”も、少しの工夫でさらに丈夫に。

背あてと大マチが合わさる部分にへりを付けた「学習院型」。萬勇鞄では重ねの生地をへりの内側へ巻き込み、しっかり頑丈に縫います。

職人技による手縫い仕上げが、こだわりの証。職人技による手縫い仕上げが、こだわりの証。

いちばん負荷のかかる背あてと肩ベルトは、
職人が想いを込めて頑丈に。ミシンと違い、
一つの穴に両側から針を
交差して縫いあげるので、
もし一部分が切れても
ほつれにくく丈夫な
縫い目になります。

Check!point
肩ベルト
2層のクッション材で肩に優しく。ベルトの付け根の立ち上がりと、S字のカーブが体とのフィット感を高めます。
背カン
左右が別々に動くから、成長しても背負いやすく肩への負担も軽減。付け根が外向きなので、首回りも締めつけません。
背あて
クッション材とつぶれを防ぐスチロールを立体的に重ね、通気性に優れたソフトな背負い心地に。
新型コロナウイルス感染予防への取り組みとお客さまへのお願い新型コロナウイルス感染予防への取り組みとお客さまへのお願い
店舗情報はこちら
TOP