店舗案内

全国の各店舗をご案内します。下記の店舗名をクリックしてください。

西武・そごうSHOP
ONLINE STORE

西武渋谷店

03-3462-0111(代表)

〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1

地図・駐車場

リビング・インテリア

Baccarat バカラ

■B館8階

1764年、フランス・ロレーヌ地方のバカラ村に、ルイ15世の認可を受けて創設。やがてその比類ない芸術性と最高の技術により、世界中の王侯貴族たちにも愛用され、「王者たちのクリスタル」と冠されるようになったバカラ。
常に時代のなかで新しい創造性を追求するバカラのクリスタルは、今なお世界中の人々を魅了し続けています。

ルチア タンブラー 2017

  

1客
価格:7,020円
2客セット
価格:14,040円
(サイズ:高さ8.5cm)

「光」を意味するラテン語が語源の名前がつけられた「ルチア」。
やさしい曲線で構成された楕円形のカットが連なるデザインは、バカラクリスタルが生まれるバカラ村の工場の窓や教会のステンドグラスをイメージしています。
バカラの職人たちがクリスタルを吹き、形作る姿に自然の光をもたらしてきた窓。このタンブラーも、使う手の中でピュアな光を宿します。
底面には、「2017」の年号が刻印され、輝かしい門出に、祝福の時に、心を伝えるギフトにふさわしいタンブラーです。

グラス ジャパン ルチア

  

1客
価格:8,100円
2客セット
価格:16,200円
(サイズ:高さ11cm)

バカラが日本のライフスタイルのために開発した「グラス ジャパン」。
すらりと細身で口にかけて優雅に広がる姿が美しく、バカラクリスタルらしい存在感がありながら和のテーブルにもマッチするサイズとバランス。
ビール、ジュース、冷茶などあらゆる飲み物に、そして朝食の席からティータイム、アぺリティフなどあらゆるシーンにお使いいただくことができます。また、お手入れや収納もしやすく考えられています。

2017年の新作として、新しいデザイン「ルチア」が加わりました。

アルクール ブルーボタングラス 2客セット

  

価格:111,240円
(サイズ:高さ15.5cm)

バカラのアイコン「アルクール」グラスにモダンなタッチでカラーを加えたグラス。アルクールの特徴であるステムの装飾部分に施された、ブルーのアクセントはラッカージュによるカラーリング。クリスタルの透明感をいかした仕上がりです。
アルクールのテーブルセッティングにミックスして新鮮な輝きを加えてはいかがでしょうか。

※ラッカージュ:クリスタルに光を透過するカラー樹脂をコーティングし焼き付ける技術。

アルクール イヴ シャンパンフルート ブルーボタン 2客セット

   

価格:75,600円
(サイズ:高さ24.5cm)

バカラのアイコン「アルクール」に、主幹デザイナー、トーマ・バスティードが新たな魅力を加えて生まれた「アルクール イヴ」。その名の通り、女性版のアルクールとも言える画期的なデザインです。
フラットカットや六角形のフット、装飾のついたステムなど、「アルクール」が持つ特徴はそのままに、ボウルは薄くチューリップ型にゆるやかに開き、ステムはほっそりと長くなりました。
「ブルーボタン」は、ステムのボタン装飾にトレンドの青いカラーリングをラッカージュで施したもの。特別な祝杯にふさわしい華やかなシャンパンフルートです。

※ラッカージュ:クリスタルに光を透過するカラー樹脂をコーティングし焼き付ける技術。

アイ ベース スクウェア クリア S

    

価格:77,760円(サイズ:高さ20cm)

構築的な造形と光の反射や透過のマジックを駆使した作品を多く発表してきた、ニコラ・トリブロがデザインする「アイ」。
内側の垂直方向の凸凹と外側の水平方向の凸凹が視覚上で重なって、独特の模様が浮かび上がり、その効果がドラゴンフライ・アイ(トンボの複眼)を思わせるところから、「アイ」と名付けられました。
下から上に向かって広がるシェイプは遠近法の表現を思わせ、ダイナミックな現代建築のような趣です。

アイ ベース スクウェア ブルー

  

S
価格:122,580円(サイズ:高さ20cm)
L
価格:311,040円(サイズ:高さ30cm)

構築的な造形と光の反射や透過のマジックを駆使した作品を多く発表してきた、ニコラ・トリブロがデザインする「アイ」。
新作として加わったカラーはクールなブルー。ラッカージュによる透明感あふれるカラーリングが施されています。植物とのコーディネーションを楽しむのはもちろんのこと、そのままでもモダンアートのようにインテリアのアクセントとなります。

※ラッカージュ: クリスタルに光を透過するカラー樹脂をコーティングし定着させる技術

前のページへ戻る