西武そごう

お買いもので意識したい6つのこと。 お買いもので意識したい6つのこと。

6 CHOICES

消費することと、サステナブル。一見、相反してしまいそうな“お買いもの”という行動。でも、お買いものをつうじて、出来ることがたくさんあるのです。

そごう・西武では、何を買うか、どちらを選ぶか迷ったとき、ほんの少しの意識でお買いものがサステナブルに変わる、6つのアイデアをご紹介。

私たちは、日々、選択を迫られています。そのとき、ちょっとだけ立ち止まって、考えてみませんか?選んだ道が、すべての人の未来を、地球を、やさしく照らしますように。

ずっとずっと、たいせつに。私らしさを、永遠に
ずっとずっと、たいせつに。
私らしさを、永遠に
  • 普遍的デザイン
  • シンプルデザイン
  • 長く使える
  • メンテナンスできる
  • リユース
  • オーダーメイド
  • ジェンダー

お気に入りのバッグを、なんども修理して永く使うことも、オーダーメイドで自分にぴったりのワンピースをあつらえることも、シンプルでジェンダーレスなアイテムを、家族で共有することも。

ほんのちょっと目線を変えて、ロングスパンなモノ選びをするだけで、誰かの未来が、地球の明日が、やさしく変わっていきます。

必要なものを、必要なぶん。使い切るって気持ちいい!
必要なものを、必要なぶん。
使い切るって気持ちいい!
  • 適量サイズ
  • 量り売り
  • カスタマイズ
  • 食品ゼロロス

カラダにも、環境にもやさしい良いものを、必要なぶんだけ買う。過不足ないすこやかな暮らしは、捨てるストレスもフリー。自分にぴったりのサイズや形にカスタマイズしたり、量り売りを利用したり。

あなたの余剰分で幸せになる、だれかの笑顔をイメージして、昔から日本に伝わる「もったいない」精神を、今こそ当たり前に。

限りある資源を次世代へ。ゼロ・ウェイストという考え方
限りある資源を次世代へ。
ゼロ・ウェイストという考え方
  • ゼロウェイスト
  • フードロス
  • リサイクル
  • リユース
  • パッケージレス
  • 簡易包装
  • ゴミを出さない

出たゴミをどう処分するのではなく、そもそもゴミを生み出さないようにする「ゼロ・ウェイスト」という考え方が今、主流になっています。

たとえば子ども靴を回収してリユースするサービスや、リサイクル設計されたもの。簡易包装、パッケージレスなど、ゴミをゼロにする選択肢はたくさんあります。

限りある資源を、なるべくそのまま、次の世代へ残していくために。毎日のちょっとした選択こそが、地球の未来のかぎを握っています。

心地いい、その感覚を大切に。迷ったらまずは素材を見てみよう
心地いい、その感覚を大切に。
迷ったらまずは素材を見てみよう
  • オーガニック素材
  • 天然素材
  • 土に還る素材

たいせつな家族のことを考えると、口に入れるものも、身に付けるものも、なるべく安心・安全なものがいい。

化学薬品などを使わない、オーガニックな原料で作られた商品や、土に還る天然素材でできたアイテムを選ぶことは、私たちのカラダにも、地球にもやさしいお買いものの仕方のひとつ。

手にとって考えてみたい。その商品が作られた背景は?
手にとって考えてみたい。
その商品が作られた背景は?
  • トレーサビリティ
  • 認証マーク付きアイテム
  • エコパッケージ
  • 水を守る
  • 再生素材・リサイクル素材
  • フードリサイクル

ふだん何気なく使っているものが、実は途方もないエネルギーを使って作られているものだとしたら?そんな想像をしてみることも、エシカルなお買いものの第一歩。

製造から流通まで追跡できるトレーサビリティ商品や、各種認証マークのついたものなど、選択肢はとってもふえています。

その「お買いもの」の向こう側にいる、誰かを想って
その「お買いもの」の
向こう側にいる、誰かを想って
  • 生産者支援
  • 地域復興
  • チャリティ

私たちがふだん使っているものは全て、誰かによって作られています。

同じコットン素材でも、作った人にきちんと対価がいき届くフェアトレードなアイテムを選ぶ。買うことで、誰かに靴がプレゼントされるチャリティ商品にする。あなたのお買いものが、誰かの明日を笑顔にする方法は、いくらでもあるんです。そしてそれはいつの日か、めぐりめぐって自分にも還ってくるはず。

この地球上にいるすべての人が幸せになるためのお手伝い、はじめてみませんか?

= 各店情報はこちら =

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業や時間を変更して営業する場合がございます。
また、各種催しやサービスの中止や延期、商品の入荷遅延や販売中止、価格変更が発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。