西武そごう

私のサステナブルチョイス 第4弾 Spring 私のサステナブルチョイス 第4弾 Spring

INFLUENCER’S COLUMN

毎日の暮らしの中でできるサステナブルなチョイスを体験いただくコラムの第四弾。西武・そごうが紹介する6つのサステナブルなお買い物の考え方からピックアップしたアイテムを体験レポート

久保 裕丈 #16

久保 裕丈

2005年3月東京大学工学部卒業。2007年3月東京大学新領域創成科学研究科修士課程修了。
2007年4月米系のコンサルティング会社A.T.Kearneyに入社。商社・メーカー・金融機関等への全社戦略策定や企業買収を手がける。2012年、女性向け通販サイトMUSE&Co.を設立し、2015年に売却。その後、個人で数十社の企業顧問を務める。2017年、アメリカで大人気の恋愛リアリティーショー“The Bachelor”の日本版“バチェラー・ジャパン”のシーズン1の主役に抜擢。2018年、より自由で心地よい暮らしを提供することを目指し、家具・家電のサブスクリプションサービスCLAS(クラス)を設立と同時に代表取締役社長就任。

https://www.instagram.com/hirotakekubo/

このアイテムを体験 ソーダストリーム/Terra(テラ) スターターキット
ご家庭で好きな時にいつでも
飲みたいだけの量の炭酸水が作れるソーダストリーム

これまでのシリーズからデザインを一新した「TERRA」は、スタイリッシュでマット感のあるデザインに。ソーダストリームでは初となるシリンダークイックコネクトを採用。ガスシリンダーを片手でセットできる新技術で、わずか2秒で取り付けが可能。ボトルを装着してボタンを押すだけで手軽に美味しい炭酸水を飲みたい量だけご自宅でお楽しみいただけます。

ソーダストリーム/Terra(テラ) スターターキット
本体:プラスチック・アルミニウム
幅13.5×高さ42.5×奥行19.5cm
15,400円
■各店=キッチン用品売場
■取り扱い店舗 西武:池袋本店、福井店、秋田店/そごう:横浜店、千葉店、広島店、大宮店

タイガー/真空断熱炭酸ボトル
これからの季節にぴったり!
の冷たい炭酸飲料を持ち運べる真空断熱炭酸ボトル

いつでもどこでも冷たいままの炭酸飲料が楽しめる真空断熱炭酸ボトルデビュー!仕事の気分転換や自宅での利用に加え、軽量で持ち歩きに便利なので、アウトドアや外出先でも活躍してくれます。汚れや匂いが付きにくい加工が施され、広口タイプでサーバーからも注ぎやすい仕様です。お好みのドリンクを持ち歩いて脱ペットボトルライフを始めてみませんか?

タイガー/真空断熱炭酸ボトル
幅10.5×高さ29.3×奥行7.5cm、約0.8L
5,850円
■各店=キッチン用品売場
■取り扱い店舗 西武:池袋本店、福井店/そごう:横浜店、千葉店、広島店

Photo 1

ソーダストリームをご存知だったという久保さん、実際に使ってみた感想を教えてください。「驚くほど簡単に炭酸水が作れることにびっくりしています。加えて、電源を取る必要がないので、どんな場所にでも置けるし持ち運べるのでとても使い勝手が良いです。ソーダストリームで作る炭酸は炭酸のキメが細かくておいしく感じるのですが……気のせいだったらすいません(笑)」そんな久保さんにゼロ・ウェイストについて聞いてみました。

「まず過剰消費の低減や廃棄量削減は、実は自分のためにもなるということ。自身に必要なモノの質と量を見極めて消費を行うことが、自分自身の状態を良く保つためにも非常に重要だと考えます。加えて、“モノを廃棄する”ということは、それだけで手間と時間が、場合によってはお金もかかります。私は家具のサブスクリプション(レンタル)ビジネスを展開していますが、廃棄する機会を減らすことは、面倒を減らし自由に暮らすことにもつながると考えています」。

Photo 2

「そして当然ながら、今同じ地球に暮らす人間や動植物、そして未来のために必要であること。いつも思うのは、“環境に負荷を与える行為はどこかで別の生物の命を奪うことにも繋がっている”ということです。プラスチックゴミ問題がよく取りざたされていますが、人間が出すゴミの所為で奪われてしまう命を無くし生態系を保つことは、この世界を正しく維持していくためにも必須であると考えます。でも難しく考えないでこうやって炭酸ボトルを持ち歩く、そんな意識を変えるだけでも十分な意味はあるし、その先には新しい環境問題への発見もあるかもしれませんよね」。

Photo 3

「普段から廃棄を減らし循環を生むことを心掛けています。例えば、本や雑誌は必ず電子書籍で読むようにしています。何かを買う時には、過剰な包装などは断る。要らなくなった洋服は寄付をする。ペットボトルの水はできるだけ買わない。二酸化炭素の排出に繋がるのでできるだけ無駄な電気はつけない。最近はリモートのMTGが多いのですが、日中は家の電気をつけないので、たまに“暗い!”と驚かれることもあります(笑)何よりも、家具を捨てないための“持たない・捨てない家具屋”をやっているのが、一番大きいですね」

炭酸ボトルに入れてこれからの季節に持ち歩きたいドリンクを聞くと「とにかくビール!!! 暖かくなってきたらビールを詰め替えてアウトドアに行くのが楽しみで仕方ありません」と笑う久保さん。

Photo 4

実際に炭酸ボトルを持ってお出かけ。「炭酸の抜けなさにびっくりしました! どんな仕組みになっているんですか!? 試しに炭酸ボトルと、普通のボトルに炭酸水を入れてリュックで持ち運んで飲んでみたのですが、普通のボトルでは炭酸が抜けて温度もぬるくなってしまったのに対して、炭酸ボトルの方は作りたてのような強炭酸と温度を楽しめました。サイズは大きく感じるかもしれませんが、十分な量の飲料を持ち運べるので、そこもプラスのポイントだと思います」

最後に久保さんがお買い物の時に意識するポイントをお伺いしました。「購入する際にはエシカルコンシャスなブランド・商品であることは重要な観点だと思います。フェアトレードに基づいて流通されている製品であることは特に重要ですね。自分の買い物も洋服や靴も買うのは最低限に、食料・食材は買いすぎないことを意識して、必要に応じて必要最小限のものをその都度購入するようにしています。また、最近では、デリバリー(集客や販売チャネル)の面でもサステナブルであることを意識できているかという点も気になっています」。

私のサステナブルチョイス
第5弾 -2022 Summer-


私のサステナブルチョイス
第4弾 -2022 Spring-


私のサステナブルチョイス
第3弾 -2021 Winter-


私のサステナブルチョイス
第2弾 -2021 Fall-


私のサステナブルチョイス
第1弾 -2021 Summer-

= 各店情報はこちら =

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業や時間を変更して営業する場合がございます。
また、各種催しやサービスの中止や延期、商品の入荷遅延や販売中止、価格変更が発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。