西武そごう

私のサステナブルチョイス 第4弾 Spring 私のサステナブルチョイス 第4弾 Spring

INFLUENCER’S COLUMN

毎日の暮らしの中でできるサステナブルなチョイスを体験いただくコラムの第四弾。西武・そごうが紹介する6つのサステナブルなお買い物の考え方からピックアップしたアイテムを体験レポート

石黒 美帆 #17

石黒 美帆

アパレルブランドmiremディレクター。
SNSではファッションや美容をメインに、日々素敵なモノにアンテナを張り巡らせ発信中。母親の影響で食器が好きだったことから、日本ヴォーグ社ポーセラーツインストラクター、食育インストラクターなどの資格を取得。一児の母。

https://instagram.com/miho_ishiguro

松徳硝子/うすはり 鼓 ビールグラス2P
東京で大正時代からガラス造りに携わってきた
松徳硝子の集大成「うすはり」グラス

大正11年に電球用ガラスの生産工場として創業した松徳硝子が培って来たノウハウを元に、研究と数々の失敗を繰り返し、理想のグラスにたどり着いたという「うすはり」。その口当たりの良さはもちろん、手間を惜しまず手仕事で丹精込めて作られたそのフォルムの美しさは日本の職人技が光る逸品です。

松徳硝子/うすはり 鼓 ビールグラス2P
口径6.7×高さ7cm、約355ml×2
6,600円
■各店=食器売場
■取り扱い店舗 西武:池袋本店/そごう:横浜店、千葉店、大宮店
※西武池袋本店は7階(北B2)=くらしのぎふとでお取り扱いいたします。

Photo 1

薄い玻璃(ガラス)から「うすはり」と命名されたうすはりグラスはご存知でしたか?「“うすはりグラス”というお名前は知っていたのですが、手に取ったのは初めてです。『はり(ガラス)=玻璃』なのですね、素敵ですね。鼓をモチーフに設計されたというグラスのフォルムがとても美しいです。本当に薄いガラスなのでとても口当たりが良く、くびれ部分の細さは女性でも持ちやすくて嬉しいです。でも何より驚いたのはグラスの軽さです!」

Photo 2

その商品を買うことで地域貢献につながる買い物についてどう思われますか?「コロナをきっかけに国内を旅することが増えたのですが、行く先々で出会う食や空間、建物や工芸品など素晴らしい作品がとても多くて。繊細な日本の技術がこの先も残っていって欲しいという想いから、1人でも多くの人に知ってもらうため、微力ながら私もSNSで発信をし続けていきたいと思っています。食材などはもちろん、最近ではアパレルでも土地が書かれているものが増えていて、それだけでも背景が一つ知れた気がして親近感が湧きますね。飲食店などでは素敵な食器に出会うと、お店の方に窯元などをお伺いして、応援の意味も込めてネットで購入することもあります」。

Photo 3

「“協力したいからもう一つ買おう!”という選択になることもあります」と、普段から地産や地域貢献になる商品を意識されている石黒さん、毎日の生活ではどんなことを意識されていますか?「こまめに買い物をして食品は特に保存しやすいものを購入、廃棄が出ないよう気をつけています。最近は特に"捨てる"につながらないよう、長く愛せて使い続けられそうなものを選ぶようにしています。自身のブランドmiremでも、長く着ていただけるよう生地やデザインにこだわったものづくりをしています。小さな取り組みですが、地球にいいことにつながれば嬉しいです」。

私のサステナブルチョイス
第5弾 -2022 Summer-


私のサステナブルチョイス
第4弾 -2022 Spring-


私のサステナブルチョイス
第3弾 -2021 Winter-


私のサステナブルチョイス
第2弾 -2021 Fall-


私のサステナブルチョイス
第1弾 -2021 Summer-

= 各店情報はこちら =

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業や時間を変更して営業する場合がございます。
また、各種催しやサービスの中止や延期、商品の入荷遅延や販売中止、価格変更が発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。