そごう そごう横浜店

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

  • ■2024年1月20日(土)~3月10日(日)[会期中無休]
  • ■6階=そごう美術館
  • ■開館時間:午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)
    ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ多くの妖怪作品を生み出した水木しげる(1922-2015)は、「妖怪」という言葉が一般に広がるきっかけを作ったのみならず、その後も長きにわたり妖怪ブームの原動力を担い続けました。妖怪研究に没頭し、現代の日本人に「妖怪」という文化を根付かせた水木しげるが、どのように妖怪と向き合い、描いてきたのか。 
生誕100周年を機に企画された本展は、これまで開催されてきた数ある水木しげる展の中でも初めて、その妖怪画制作の具体的手法に注目し、水木しげるの豊饒な作品世界を解き明かす内容となっています。
今なお多くの人を魅了し続ける水木しげるの妖怪ワールドをご堪能ください。

妖怪画約100点が勢ぞろい
~百鬼夜行の妖怪たち~
妖怪画の具体的な3つの創作手法を初めて紹介
~「絵師たちからの継承」「様々な資料から創作」「文字情報から創作」~
水木しげるの蔵書で辿る妖怪文化の歴史
~江戸時代の絵師・鳥山石燕『画図百鬼夜行』、昭和初期の民俗学者・柳田國男『妖怪談義』ほか~

 事前予約不要 

■入館料
 一般 1,600(1,400)円
 大学・高校生 1,400(1,200)円
 中学生以下無料

※以下をご提示で( )内の料金にてご入館いただけます。[クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ]
※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。

<そごう美術館ホームページはこちら>

百鬼夜行の妖怪たち
水木しげるの蔵書で辿る妖怪文化の歴史
グッズも充実
水曜・木曜のお楽しみ企画 水木スペシャル
妖怪カメラ ARコーナー
プロフィール