そごう そごう横浜店

超絶技巧を超えて 吉村芳生展

  • ■2020年10月24日(土)~12月6日(日)
  • ■6階=そごう美術館
  • ■開館時間:午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)
    ※そごう横浜店の営業時間に準じます。
    ※会期中無休。

超絶技巧?そんな単純な言葉で説明することはできません。毎日描き続けた膨大な数の自画像、一文字ひともじをすべて書き写した新聞紙、10メートルの色鉛筆画―。吉村芳生が生み出した作品は、どれも超絶リアルでありながら、見る者の度肝を抜く凄みを感じさせます。1950年、山口県に生まれた吉村芳生が一躍注目を浴びたのは2007年のことでした。この年に開かれた「六本木クロッシング2007」展(森美術館)に出品された作品が大きな話題となり、吉村は57歳にして突如、現代アート・シーンの寵児となったのです。本展は吉村芳生の回顧展として、初期のモノトーンによる版画やドローイング、後期の色鮮やかな花の作品、生涯を通じて描き続けた自画像など、代表作約60点にて吉村の全貌を伝えます。2013年に惜しまれつつ早逝した吉村芳生の、ただ上手いだけの絵ではない、描くこと、生きることの意味を問いただす真摯な作品の数々を、ぜひその眼で目撃してください。

「無数の輝く生命に捧ぐ」(部分)
2011-13、色鉛筆/紙

■入館料
一般 1,100(900)円
大学・高校生 900(700)円
中学生以下無料

※ミレニアム/クラブ・オンカード、セブンカード・プラス、セブンカードのいずれかをお持ちの方はカード提示で( )内の料金にてご入館いただけます。
※障がい者手帳各種をお持ちの方およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。